「最新」 クロエショルダーバッグ新作_chloeエデンショルダーバッグ価格/写真/評価/どう/いくら,chloeエデンショルダーバッグ良い ::


2015-02-05 16:18    chloeエデンショルダーバッグ
 が、鳴咽はとまらずに、ジョクを制止する言葉は何も思いつかなかった。  ジョクがアリサのほうに歩いてきた。  痛みを感じていないような歩き方だった。  アリサは、ジョクの身体をささえなければならないと思い、足を前に出した。 「……寂しいのはわかる……しかし、どうしようもできないのだ。許してくれというしかない」 「そういうことではないのです。そういう……」  アリサは手を伸ぼした。  ジョクの指先が触れて、アリサはズシリとした男の重さを感じた。 『ああ、この感触をわたしは手放してしまうのだ!』  鳴咽のなかで、アリサの意識が絶叫した。  それはジョクに伝わった。 「どういうつもりなのだ? アリサ……」 「ウッ、アーッ!」  ついに声を出して、アリサはジョクの肩口に額《ひたい》を押しあててしまった。 「アリサ!?」 「いいんです。もう、あたしもドレイクの娘ですから、ドレイクの娘ですから、ときに、力を見せてみたいんです。もうきかないで下さい」  それだけいった。 「……なにを考えているのか、わからないが……アリサ」